企画展

ホーム > 企画展 > 不動明王になった武田信玄・山本勘助

  • 武田信玄公
  • 武田24将
  • 宝物館周辺 観光情報
  • ブログ
  • 館内のご案内
  • 宝物館オリジナルグッズ
  • PR大使
  • 割引券

企画展 不動明王となった 武田信玄・山本勘助

不動明王となった武田信玄山本勘助
信玄公宝物館1階にて
開催期間 2007年2月10日~12月24日まで
鎧不動尊画像  恵林寺に武田信玄を模刻した忿怒の形相の不動明王坐像がある。『甲陽軍鑑』には、信玄が頭髪を焼いて塗り込めたとあり、領国守護の強い意志を表したものとされる。また、倉科の上求寺の不動尊像も信玄が参拝したという。一方恵林寺総門近くの「秩父街道」沿いに、付近の住民たちの手で大切に祀られてきた不動明王立像があり、勘助不動尊として今も親しまれている。信玄と勘助はいずれも不動明王に姿を変え、現在も崇敬を集めている。
  甲斐の不動信仰を示す彫刻例は、平安時代末から鎌倉時代にかけて、甲斐源氏の勃興の歴史に重なる。古くは加賀美遠光が奉納した大聖寺不動明王坐像(近世江戸へ二度の出開帳・重要文化財)や、安田義定の菩提寺放光寺の不動尊立像(重要文化財)などがよく知られる。恵林寺に信玄の弟・武田逍遥軒信綱(信廉)の作とされる鎧不動尊立像鎧不動尊画像がある。なお武田城下の一角、甲府市元紺屋町の行蔵院に伝わる勘助の念持仏不動明王である。
 平安時代の公家社会に始まる不動信仰が中世武家社会に引き継がれ、近世には庶民の間にもお不動さんとして親しまれ信仰が広がった。今展では、恵林寺に伝わる不動信仰の関連資料を展示し、あわせて県内各地の不動明王像などをパネルで紹介する。信玄や勘助が不動明王として祀られていく経過、不動明王が民衆の信仰心を集めた歴史背景を探る。
上:鎧不動尊画像

(左)木造武田不動尊・二童子像三  (右)勘助不動さん
木造武田不動尊・二童子像三勘助不動さん

(左)木造武田不動尊の像は信玄公が剃髪した折につくられたとされ、現在放映中 NHK大河ドラマ「風林火山」にも武田家の象徴的な像として出ています。
恵林寺や、その周辺に伝わる貴重な不動尊像を中心に展示いたします。ぜひご覧ください。

信玄公や展示物に関する質問等はメールのみで受け付けております。返答に数日かかることもございますがご了承ください。電話での質問等はご遠慮願います。
開館時間
観覧料
休館日
住所
電話
9:00~17:00(但し入館受付は16:30迄)
一般500円(20名以上 団体400円)・小中学生100円  恵林寺共通券700円(20名以上 団体600円)
毎週木曜日(但し4月~11月は無休)年末年始の休館日はお問い合わせください
〒404-0053 山梨県甲州市塩山小屋敷2280番地 臨済宗乾徳山恵林寺山内
0553-33-4560(代) *信玄公や展示物に関する質問等はメールで受け付けております